WEBUI強化などのLinear Audio Player ver.0.9.3をリリース。

約1.5ヶ月ぶりのリリースです。

今回は、WEBUI、NowPlaying機能の強化、バグフィクスを行っています。

WEBUIは、いままで再生コントロールのみ可能で、リモコンとして使用可能でしたが、本格的にWEB User Interfaceとしてプレイリストの制御などをできるようにしてみました。
ただ、まだ試験段階なのでNowPlayingのみの実装となっています。
将来的にはフィルタリングなど、WindowsのUIと同等の機能を実装する予定です。
また、NowPlayingについてはいままで再生中の曲は表示していませんでしたが、表示するように変更しました。こうすることで繰り返し再生も容易にできるようになりました。
あとは以下のような変更をしています。
Bug #781: 起動時、スタイルが正しく読み込まれないときがある。
Bug #784: NowPlayingの挙動を変更。
Bug #788: パッケージ生成でスタイルディレクトリ名とスタイル名が異なると作成できない。
Feature #774: 再生履歴を管理する。
Feature #782: Web InterfaceをRatingとNowPlayingに対応。
Feature #785: Web Interfaceでアートワークの表示をできるようにした。
Feature #787: WEBUIにreadmoreボタンを実装する。
Feature #789: WEBUIでテーマを切り替えれるようにする。

スタイルの読み込みが失敗するバグはパッチ提供済みですが、意外と致命的な感じなのでアップデートをおすすめします。

次は何しようかな。。。