MiniVisualization、LinkLibraryの強化などのLinear Audio Player ver.0.9.2をリリース。

約1ヶ月ぶりのリリースです。
6月中旬くらいを予定していたのですが、GW中にまとまった時間がとれたこともあり、思ってたよりも早くリリースできました。

今回は、MiniVisualizeを強化したことにより、いままで以上に曲の抑揚に合わせて動くようになりました。
また、表示本数の変更もできるようにしたので表示しないことも可能になりました。
デフォルトではいままでの6Lineから12Lineに変更したので臨場感(?)はあがったと思います。たぶんする方はおられないと思いますが最大128Lineまで可能です。

ほかにもLinkLibraryのNowPlaying(再生中キュー)の部分を変更してキューの並び替え、キューの削除が手軽にできるようになりました。

あと、RADIO機能ですが、いつぞやのバージョンアップから動かなくなっていたことに気づいたので正しく動くように修正したのと、機能も強化しています。便利とは言いがたいかもしれませんが、これで常用することが可能になったレベルになったと思います。
試してみたい方はデータベースをradioにしてShoutcastからplsをダウンロードしてドラッグアンドドロップしてみてください。

変更点は以下のとおりです。
Bug #775: 次に再生するが効かなくなる場合がある。
Feature #776: Radioの再生ができない。
Feature #777: MiniVisualizationの強化。
Feature #778: LinkLibraryを並び替えれるようにする。
Feature #779: Radio再生機能を強化する。
Feature #780: LinkLibraryのNowPlayingで削除できるようにする。

上記の内容とhow to useだけではよくわからないものもあると思いますので、詳細を知りたい方は、twitterでメッセージいただければと思います。

次はそろそろMovselecをリリースしたいと思っています。
と、なんか毎回書いてLinearをリリースしているので次もLinearだと思います。