WEBUIほか新機能満載のLinear Audio Player ver.0.9.0をリリース。

2014年のファーストリリースはLinearです。
今回は、WEBUIのほかに新機能満載です。

新機能はたくさんあるので中でも大きいものだけ簡単に説明します。
まず、WEBUIです。
その名の通り、ブラウザでLinearをコントロールできるようになります。
Linearを起動しているPCと同一ネットワークにいるスマートデバイスがあればその端末から再生のコントロールが可能になります。
つまりリモコン代わりにできます。
とりあえずWindowsのChromeとAndroidのChromeで動作確認済みです。
この機能は試験段階ですのでご要望などあれば言ってください。

次は、内部処理の最適化です。
これは見た目は変わらないのですが、内部処理の無駄を省いて時間のかかる処理はマルチスレッド化しています。
操作したときになにか引っかかりがあった部分がなくなってると思います。

次は一時無効化機能について。
いまの気分でこの曲は聞きたくないなーと思う曲があれば再生をスキップすることが出来る機能です。ライブラリリストの左端の列をクリックすることで無効にできます。無効の設定は起動中のみだけなので次回起動時にはクリアされます。

次はNowPlayingについて。
いままで再生中のリストを確認するには再生中でフィルタリングする必要がありましたが、LinkLibraryの左側のリストで確認できるようになりました。また、再生リストをクリックするとその位置までスキップできます。

ほかにもドキュメントをHTML化して読みやすくしています。
上記に加えて以下のような変更点です。
Bug #736: アルバム説明更新後、変更していないのにフォーカスをアウトするだけで更新される。
Bug #741: 設定ファイル、SQLファイルなどをjsonにする。
Bug #742: 自動オーディオファイル登録で対象のデータベースが違うものが選択される。
Bug #743: 自動オーディオファイル登録でファイルパスに使用出ない文字や長すぎるとエラーになる。
Feature #705: 一時的にリストから削除することができるようにする。
Feature #722: 再生中のリスト管理をメモリ上に変更する。
Feature #723: アルバムアートをクリックするとアートワークが拡大されるようにする。
Feature #726: Last.fmのページに飛べるようにする。
Feature #734: 内部処理の最適化。
Feature #735: フォーカスを再生中に合わせるのをやめる。
Feature #737: WebUIを実装する。
Feature #738: 前曲再生の精度をあげる。
Feature #740: LinkLibraryにNowPlayingを追加。
Feature #744: データベースエンジンバージョンアップ System.Data.SQLite Update(v1.0.90.0)
Feature #745: いますぐ再生機能を追加。
Feature #746: オーディオファイル自動登録にアクセスしやすように右クリックメニューにショートカットを追加する。

このようにたくさん変更して便利になっていますのでご使用中の方はアップデートしてみてください。

次はMovselecでもしよーかなと思ってたり。

2014年のスタートだ。

あけましておめでとうございます。
2014年のスタートということでまず2013年を軽く振り返って、2014年にやりたいことをつらつら書いてみたいと思います。

2013年は、LinearとMovselecの開発だけでしたー。
割合は8:2くらいかな。
Linearが一区切りであるver.1.0.0に近づいていることもあってLinearにウエイトをおいて開発しました。これは2014年も変わらないと思います。

具体的にはLinearはver.0.7.2からver.0.8.8まで進化しました。
2012年に比べると新機能の追加は少ないですが、既存の機能のブラッシュアップなどを行うことでより精錬できたと思います。(ver.0.7.2はここにありますのでご興味のあるかたは比べてみてください)

このペースでいけば2014年おわりごろもしくは2015年のはじめごろにver.1.0.0をリリースできるような気がしますが、ver.1.0.0までに実装したい機能はまだまだありますのでじっくり開発していきたいと思います。

ver.1.0.0のリリースまで実装したいと思っていること(いま時点)
・ラジオをなんとかしたい。でも、ShoutCastの存続が不明なので躊躇している。
・WEBインタフェースの実装。(スマホをリモコンとして操作できるように)
・いまさらながらCDの再生とリッピング機能とか。オールインワンを目指して。
・LinkLibraryの強化。もっといろいろつながりたい。
・パフォーマンスの向上。これは現在、実施中。
などなど

で、v1.0.0がリリースできたらv2.0系の開発をじょじょにスタートしたいと思っています。v2.0系ではUIはWPF(ひょっとしたらMetroになるかも)で実装し、ソースコードはすべて書き直す予定です。(綺麗にコーディングできればオープンソースにしたいんですけど)

Movselecもいろいろとしたいと思っていますが、Linearの合間にやろうと思います。

Linear Android版は毎日通勤で使ってるのですが、いまのままでもそれなりに使えているのでなかなか開発意欲があがらないのですが、通知画面でお気に入りの切替はできるようにしたいと思っています。これ昨年も言ってた。

BGW8は最近壁紙を探すということをあまりしなくなったので、開発意欲が停滞気味ですが、zipをそのまま登録できるようにしたり、壁紙チェンジャーだけでなくその他の付加価値をつけたりと構想はいろいろしています。

てな感じで思ってますが、いま時点の考えなので変わるかもしれません。
とりあえずいまは、ver.0.8.9のリリースで大幅なパフォーマンス向上を実現するためにがんばっています。(進捗は順調です)

では、今年もよろしくお願いいたします。