LinkLibraryなど新機能を多数搭載したLinear Audio Player ver.0.8.0をリリース。

linear-ver.0.8.0
ver.0.7.0から約4ヶ月、ver.0.8.0のリリースです。
左の画像のようにLinkLibraryはライブラリウインドウの上部に表示されます。
非表示にすることも可能です。
LinkLibraryは曲と曲をつなぐ(リンクする)機能です。
特徴はタグ情報よりアルバムの詳細情報を取得して表示しますので、再生している曲が、何番目のアルバムで何に使用されていたのかなど知ることができます。
また、Last.fmと連携を設定済みの場合は、リスナー数、総Scrobble数、あなたのScrobble数を表示しますので、その曲のトレンドがわかります。
そしてリンクするという意味では右側のリストからリンクすることができます。
現在のところ、同じアーティストの曲とテイストの似たアーティストにリンクできます。
LinkLibrary機能についてはまだまだ模索中で今後、もう少し方向性を考えていこうと思っています。

今回の目玉はLinkLibraryですが、ほかにも多数の変更があります。
以下に簡単に説明します。

・スタイルアイコンの一部をリニューアル
スタイルのアイコンを見直しました。よりスタイルと一体感が出るようにアイコンをチョイスしました。

・Random再生モード復活
ユーザさまからご要望をいただいたので復活しました。シャッフルとの住み分けはシャッフルは1周するまで同じ曲が再生されないですが、Randomでは無作為に選曲しますのでそのような心配はありません。また、データベース内(セレクション内限定)を対象として選曲するのでお手軽にランダム再生ができます。

・プリセットのフィルタリングを見直し
使用頻度が低いものを削除し、新たに未再生(一度も再生していないもの)、お気に入り候補、最近再生していないものを追加しました。これにより選曲の幅が広がったと思います。

・デッドリンク更新機能
ファイルの整理(リネーム、移動)などによりデッドリンクとなった場合でも、整理後のファイルをD&Dするだけで整理前の再生情報を引き継ぐことができます。

このほかにも多数の変更がありますのでぜひアップデートしてください。
アップデートはソフトウェアアップデートをご使用ください。

次はMovselecをリリースしようと思います。
もちろんバグがあればバグフィクスは行います。それにLinearがメインであることは変わらないので。