2012年を振り返って。

もうすぐ2013年ということで2012年を振り返ってみたいと思います。
2012年は、一言でいうとLinearの進化、Android開発をはじめるなど
FINALSTREAMとして大きく飛躍できた年だったと思います。

Linear Audio Playerはver.0.4.6からスタートし、ver.0.7.2まで進化できました。
機能として大きく以下のことができるようになりました。
・スタイル機能を実装
・Migemo対応
・Last.fm対応
・UIと機能の一新
大きく書いたらこの程度ですが、ver.0.4.6を改めて触ってみると大きく変わっている
ことが実感できました。(ver.0.4.6はここにありますので興味のあるかたは比べてみてください)
自分的にはスタイルの実装が一番苦労したと思います。
効果があったと思うのはver.0.7.0で行ったUIと機能の一新ですが、まだまだ改良の余地はあるので引き続き改良しいきたいと思っています。
また、Linearはコンセプトは異なりますが、最終的には連携できるのを目指して
Android版の開発も始めました。

MovselecはGUIや機能も大きく一新し、使いやすくなりました。
また、Movselecでの開発成果をLinearにフィードバックしたり、
逆にLinearからフィードバックしたりできて有意義な開発ができました。

Background Wallpaper Changerもver.8のPreview Releaseをしました。
Preview Releaseしてから進展がありませんが。。

あとLeonet Auto Authenticationも出張中は凄く役に立ちました。

といま振り返ってみれば公私共に大きく成長できたと思います。
2013年の目標などは、2013年になってからってことで。
それではよいお年を。

Migemoのユーザ辞書を登録できるようにしたLinear Audio Player ver.0.7.2をリリース。

今回はMigemoのユーザ辞書を登録できるようにしました。
ユーザの皆様であればいままで使っていてインクリメンタルサーチが思うように引っかからなかったときがあったことは少なからずあったと思います。
そんなことが無いように自分でユーザ辞書を登録しておくことで次からヒットするようになります。
じゃんじゃんMigemoってください。

また、SQLエンジン周りを大幅に改修し、パフォーマンス向上を行いました。
効果は少なからずあると思っています。

ほかにもD&Dしたフォルダ直下のファイルが登録されないバグやインクリメンタルサーチの強化などを行なっています。細かいバグも修正していますのでぜひアップデートしてください。

また、X’masってことでX’mas限定スタイル(KURO2の赤バージョン)を同梱しています。
今回のバージョンのみの同梱になりますのでお見逃しなく。

linear-xmas

今年はあと一回くらいバージョンアップしたいと思っています。
Movselecも。

ソート順の改善といくつものバグを修正したLinear Audio Player ver.0.7.1をリリース。

ver.0.7.0をリリースしてから1週間ですが、やはり大型アップデートだったこともあり、
バグをたくさん作ってしまいました。
そんなわけで今回のバージョンではそのバグを修正したのと、ソート順について
改善しています。

なかでもソート順の改善としてアルバムごとにフォルダで管理されている方で
いままでトラック順にならなかったことも多かったと思いますが、
アーカイブ登録時と同じような登録方法にしたので思うようにソートされて表示
されると思います。(ライブラリへの再登録が必要です)
ほかにもユーザ様にご報告いただいた再生時にエラーになる場合があるバグを修正しました。

全部で変更点は14件あり、数だけでいうとver.0.7.0に匹敵します。
今回のバージョンが真のver.0.7.0と思ってください。
ぜひバージョンアップして快適なオーディオライフをお過ごしください。

あと次のリリースをもってWindows 2000のサポートを終了する予定です。
Windows 2000はMicrosoftのサポートも完全に終わっており、ほかのソフトウェアも
Windows 2000を対象外とする動きが多くなってきています。
サポート終了と同時に.NET Framework 3.5に移行しようと思っています。
.NET Framework 3.5では、Windows7/8特有の機能とかが実装できるようになり
幅が広がると考えています。何とぞご理解ください。

プレイリストのUIと機能を一新したLinear Audio Player ver.0.7.0をリリース。

Linearの新バージョンリリースです。
今回のバージョンでLinearは凄く大きく進化しました。進化が大きいということでバージョンも一気にver.0.7.0にしました。
以下のイメージのようにプレイリストのUIと機能を一新しました。

いままでLinearのプレイリストはLinear βの頃から同様の操作性を維持していましたが、
古い設計で実装したものであるため、Linearの機能を生かし切れないUIとなっていました。
今回は新たにUIとプレイリストの機能を設計し直して操作がしやすいUIと機能にしました。
実際に使ってみて実感していただきたいところですが、今回の主な変更点について
以下に記載するので参考にしてください。

・プレイリストのUIを一新。
プレイリストをライブラリと改名して、操作性を向上するためUIを大きく変更しました。表示形式など細かい部分でもいろいろと変更しています。

・プレイリストの定義を変更。バックグラウンドで保持して再生するようにした。
いままでは表示しているプレイリストにしたがって再生するような仕様でした。これだと再生中にプレイリストの整理を行うために別のプレイリストを表示すると再生する対象が別のプレイリストに移ってしまいました。今回、プレイリストはバックグラウンドで保持するようにして、バックグラウンドに保持しているプレイリストにしたがって再生するようにしましたので再生中にライブラリを整理することもできるようになりました。

・再生中のプレイリストを表示
プレイリストをバックグラウンドで保持するようにしたため、再生中のプレイリストが確認できるようにフィルタリングリストに再生中を追加しました。

・フィルタリングリストを廃止し、フィルタリングリストとグループリストを追加した。
いままでのフィルタリングリストはクリック数回+コンボボックスで選択するという操作手順が多く機能を生かしきれていませんでした。よく使うプリセットの条件を登録したフィルタリングリストとアーティスト、アルバムなどオーディオタグでの絞込みを行うグループリストを追加してフィルタリングを容易にできるようにしました。

・ 割り込みウインドウと割り込みモードを廃止して、プレイリストに機能を統合。
割り込みウインドウや割り込みモードは自分でもあまり使用しなかったため、廃止しました。これも操作性がよくなかったからだと思います。なので割り込み機能については次に再生する曲を追加する機能はそのままに再生中のプレイリストで確認するなどプレイリストに機能を統合しました。

・格納してあるフォルダでフィルタリングできるようになった。
フィルタリングモードにFolderを追加し、格納してあるフォルダで絞り込むというアプローチができるようになりました。フォルダで曲を分類されている方には便利だと思います。

・randomモードを廃止し、シャッフルモードを追加
いままでLinearのRandom再生は、均等にランダムすることはできず、再生したあ とにしばらくしたらまた同じ曲が再生されたりしました。そこでシャッフルモードを追加し、シャッフルがONになっている場合はシャッフル(均等なランダ ム)してライブラリに表示しますので均等なランダム再生が可能になりました。

・最終再生日時をtwitterっぽく表示。
最終再生日時をライブラリ上に表示するようにしました。twitterっぽく相対日時で表示しますので直感的にわかると思います。

と、このように新機能満載ですのでお使いの方は必ずバージョンアップしてください。
Linearのプレイリストの操作性に不満があった方はぜひ再度試していただきたいと思います。
機能をたくさん追加していますのでバグらしき動作がございましたらぜひご連絡お願いします。
次はMovselecを更新しようと思います。