新機能満載のXLAYER beta8をリリース。

xlayer_20100125.jpg
今回はとにかく新機能満載です。
大きな新機能は以下の3つです。
・フィルタリングサーチ機能
・フェードエフェクト機能
・サイレント機能
まず、フィルタリングサーチ機能ですが、
これは新生Linearの目玉となる機能で、まだ完全に完成したわけでは
ありませんが、データベース化したことのメリットを最大限に生かせる
ようなインタフェースをいろいろと考えましたが、
とりあえずこのフィルタリングサーチに落ち着きました。
絞り込みにいままでは文字を入力していたと思いますが、アーティスト名など
をグループ化したものをコンボから選択することで入力せずに絞り込むことが
できます。
将来的にほかにもいろいろとできるようにする予定です。
次に、フェードエフェクト機能ですが、停止のときにいきなり切れる感じが
目立っていたので、フェードアウトしながら停止するようにしました。
ほかにも一時停止や違う曲を選択したときにもフェードエフェクトをいれる
ことで自然な繋がりを演出します。無効にすることも可能です。
最後に、サイレント機能ですが、静かに聞きたいときや真夜中の再生向けに
ボリュームを小さくできる機能です。一般的なプレイヤーにあるミュートに
似ていますが、サイレント機能は完全に消音をしません。
また、サイレントボリュームは変更可能です。
これらの新機能についての詳細はhow to use.txtを参照ください。
以上が新機能ですが、ほかにもバグ修正など結構いろいろ変更しています。
あと、フォントについても見やすいように変更しました。
将来的には自由に変更できるようにする予定ですが、いまはまだできそうに
ありませんので。
フォントとしてVistaから採用されたメイリオを使用します。
メイリオがインストールされていない場合はいままでどおりのフォントになります。
XPの方は追加で以下のURLからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=f7d758d2-46ff-4c55-92f2-69ae834ac928&DisplayLang=ja
これで結構、Linearに近づけたような気がします。
もう少しで…。

タグ編集機能搭載のXLAYER beta7をリリース。

xlayerbeta7.png
Linearから念願のタグ編集機能をついに搭載できました。
タグ編集は1から作ろうと思っていたのですが、1から作るのはすごく時間がかかり
プレイヤーの開発かタグ編集ライブラリの開発かよくわからなくなりそうでなので
オープンソースのライブラリ”TagLib#”を使用させていだきました。
タグ編集は上の画像のような画面で行います。
1つのファイルに対して行うのと複数のファイルに対して行うことができます。
上の画像は複数の場合で、更新したい項目のみ入力してOKボタンをクリックすることで
一括更新できます。
また、再生ファイルをメモリにロードする仕様に変更しました。
その分メモリの使用量は増えますが、
シーク時にファイルアクセスを行わないのでHDDのアクセス回数が減らせれるのと
再生中でもタグ編集可能です。
もし不安定になるようであれば前の仕様に戻しますが、問題ないようであれば
このままいこうと思います。
あと、Linear推奨の配置、サイズをワンタッチにということでオートフィット機能を搭載しました。
1クリックでちょうどタスクバーの上に配置してくれます。
最近、順調に開発が進んでいるのでこのペースでガンガンいこうと思っています。
またいつ忙しくなるかわかりませんので。。

ちょこっとすることでファイル名を揃えることができるFilename Cutter ver.1.0リリース。

filenamecutter.png
PCのファイルを整理していたらファイル名を揃えたくなったので
リネームツールを探そうかと思ったのですが、面倒だったので
作っちゃいました。
たいした機能はそなえてませんが、ちょこっとすることで手軽に使えます。
ファイル名の置換と指定した文字列より前の部分を
カットすることができます。
Auto Filename Changerの教訓を生かして、システム系のファイルを変更
しなように対象の拡張子を絞りますので安全です。
ほんとたいしたツールではないですが、こんなものでも役に立つことが
できればと思い公開しました。
必要があれば使ってください。

データべース切替機能搭載のXLAYER beta6をリリース。

今年初めてのアップデートといえるbeta6をリリースしました。
前回のbeta5はたいした変更ではなかったので今回はいろいろと
盛り込んでみました。
まず、なんといっても今回の目玉であるデータベース切替機能です。
データベースを複数作成できるようになったことで
自分なりのジャンルや月ごとなど自由に曲を分類してデータベースに
することができます。
作成したデータベースもコンボボックスを変更することで簡単に
切り替えられます。
次にフィルタリング検索機能を強化しました。
いままではファイルパスに対してのみ行っていましたが、
タイトル、アーティスト、アルバムに対しても行うようにしました。
これでフィルタリングの幅が広がったと思います。
そして最後にプレイリストのヘッダの幅を記憶するようにしました。
なにげにこれはLinerにとって結構重要なものだと思います。
Linearのコンセプトとしてライン型なのでデスクトップの幅いっぱい
に使うということがあるのでヘッダ幅を記憶するようにしたことで
デスクトップいっぱいに広げてもタイトルやアーティスト、アルバム
も広げることで格好悪くなくなりますし、タイトルやアーティストも
全部見れるのでいいと思います。
なのでぜひデスクトップいっぱいに広げて使ってください。
あと、日付が取得されないという半致命的なバグも修正しています。
このようにいろいろとパワーアップしていますので、
旧バージョンをお使いの方はアップデート必須ですよ。

2010年一発目のXLAYER beta5をリリース。

あけましておめでとうございます。
約3ヶ月ぶりになりましたが、beta5リリースです。
この3ヶ月ほんと仕事が忙しくてつい最近までなにもできてませんでした。
最近、久々にソースを見たらなんでこんな造りになってるんやろと
自分で作ったにも関わらず、思ってしまい内部構造を変更しました。
まぁ、気づくことができたくらい(仕事で)成長できたのかなと思います。
そんなこともあって当初beta5で予定していた変更はできませんでしたが、
新年一発目ということでご勘弁くださいませ。
それに内部構造を変更したことでパフォーマンスの向上という恩恵も
ちょっと受けられそうな気もしますが…。
また、内部構造の変更だけでなく
再生エンジンとグリッドエンジンの最新バージョンへのアップデートと
そのほかにもちょっと修正しています。
それでは今年もFINALSTREAMをよろしくお願いします。