WEBUIに再生統計表示を実装したLinear Audio Player ver.0.9.4をリリース。

android版のリリースに続いて久々の2日連続リリースです。
ver.0.9.3からは1ヶ月ちょっとぶりのリリースです。

twitterをご覧の方はご存知かもしれませんが、
今回は、せっかくデータベースで管理しているんだから統計くらい取れないとダメだろということで、統計を表示できるようにしました。

Last.fmと連携していれば同じようなことはできるのですが、スタンドアロンでできるようにしてみました。
統計の表示項目はLast.fmをリスペクトしています。ほかにもこういう項目を表示してほしいなどのリクエストがあればご連絡ください。

統計を確認することで自分がよく聴いているアーティストや曲などを把握することができます。
現時点では、再生回数やお気に入りの数などの概要と、再生が多いアーティスト、再生が多い曲を表示できます。
統計はWEBUIで表示できますので、ぜひ確認してみてください。
あと、WEBUIにアートワークとお気に入りアイコンを追加しました。
表示するアートワークはすべてタグ情報を使用して、GoogleさまのWEBサービスから取得させていただいていますので日によって変わる可能性がありますのでご注意ください。あとクリックすると拡大したりします。
アートワークがあるだけで華やかになりますね。
WEBUIはまだまだ機能を盛り込んでいきたいと思っています。

あと、フィルタリング結果があまりいい感じになっていなかった最近再生していない曲の条件を変えてみました。
自分ではいい感じになった気がしています。

そのほかの変更を含めた変更は以下のとおりです。
あと以下に載っていないですが、WEBUIのdarkテーマをリニューアルしています。KURO2に似ている感じになりました。
Bug #792: NowPlayingをD&Dで入れ替えると次の曲が正しくなくなる。
Bug #793: WEBUIでアートワークが切り替わらないときがある。
Feature #794: WEBUIにAnalyzeページを実装する。
Feature #795: WEBUIのプレイリストにアートワークの表示を実装した。
Feature #796: WEBUIにお気に入りアイコンを表示する。
Feature #797: 最近再生していないものの条件を変更。

次はMovselecか、Linearだとしたら国際化の対応を考えています。

WEBUI強化などのLinear Audio Player ver.0.9.3をリリース。

約1.5ヶ月ぶりのリリースです。

今回は、WEBUI、NowPlaying機能の強化、バグフィクスを行っています。

WEBUIは、いままで再生コントロールのみ可能で、リモコンとして使用可能でしたが、本格的にWEB User Interfaceとしてプレイリストの制御などをできるようにしてみました。
ただ、まだ試験段階なのでNowPlayingのみの実装となっています。
将来的にはフィルタリングなど、WindowsのUIと同等の機能を実装する予定です。
また、NowPlayingについてはいままで再生中の曲は表示していませんでしたが、表示するように変更しました。こうすることで繰り返し再生も容易にできるようになりました。
あとは以下のような変更をしています。
Bug #781: 起動時、スタイルが正しく読み込まれないときがある。
Bug #784: NowPlayingの挙動を変更。
Bug #788: パッケージ生成でスタイルディレクトリ名とスタイル名が異なると作成できない。
Feature #774: 再生履歴を管理する。
Feature #782: Web InterfaceをRatingとNowPlayingに対応。
Feature #785: Web Interfaceでアートワークの表示をできるようにした。
Feature #787: WEBUIにreadmoreボタンを実装する。
Feature #789: WEBUIでテーマを切り替えれるようにする。

スタイルの読み込みが失敗するバグはパッチ提供済みですが、意外と致命的な感じなのでアップデートをおすすめします。

次は何しようかな。。。

プロモーションビデオ検索機能搭載などのLinear Audio Player ver.0.9.1をリリース。

お待たせしました~。
3ヶ月ぶりのリリースです。
ちょっとリアルの仕事が忙しくてなかなか時間がとれなかったです。
いまも忙しい状況なのですが。。

youtubeから簡単にプロモーションビデオを検索する機能を実装しました。など大きな新機能はありませんが、細かい新機能をいくつかと、改善、バグ修正などで、変更点は19コと過去最多です。
使ってて気になったところを直しています。
FMOD再生エンジンもアップデートしています。
なのでぜひアップデートしていただきたいと思います。

変更点は以下のとおりです。
Bug #750: タイトルの表示が表示方法によってずれている。
Bug #751: アーカイブファイルを自動登録後、削除されず監視フォルダに残る。
Bug #755: フィルタリングリスト選択後、フォーカスが2行目からになる。
Bug #761: nocoverのアートワークが正しいサイズで表示されない場合がある。
Bug #762: LinkLibraryを隠すとラベルが消える。
Bug #764: データベースディレクトリはトップディレクトリのみ読み込むようにする。
Bug #769: IEでWEBUIのスタイルが効かない。
Feature #688: LengthとLastPlayのソートが文字列でソートされる。
Feature #748: 次へ再生で追加していくのをキューイングした順に再生されるようにする。
Feature #749: ライブラリウインドウが隠れているときはメインウインドウにトーストメッセージを表示する。
Feature #752: youtubeのキーワード検索できるようにする。
Feature #754: WEBUIを強化する。
Feature #756: アルバムタグ一括編集がリアルタイムで反映されるようにした。
Feature #757: 右クリックメニューにフォルダを開くを追加。
Feature #758: スタイル設定画面からStyleギャラリーにリンクする。
Feature #760: ヘルプへのリンクを追加。
Feature #770: WEB UIは管理者権限で実行時のみ設定可能とする。
Feature #771: 次はここから再生を実装する。
Feature #772: 再生エンジンバージョンアップ FMOD Sound System Update(v4.44.32)

上記の内容だけではよくわからないものもあると思いますので、詳細を知りたい方は、twitterでメッセージいただけると回答します。

次はそろそろMovselecをリリースしたいと思っています。

WEBUIほか新機能満載のLinear Audio Player ver.0.9.0をリリース。

2014年のファーストリリースはLinearです。
今回は、WEBUIのほかに新機能満載です。

新機能はたくさんあるので中でも大きいものだけ簡単に説明します。
まず、WEBUIです。
その名の通り、ブラウザでLinearをコントロールできるようになります。
Linearを起動しているPCと同一ネットワークにいるスマートデバイスがあればその端末から再生のコントロールが可能になります。
つまりリモコン代わりにできます。
とりあえずWindowsのChromeとAndroidのChromeで動作確認済みです。
この機能は試験段階ですのでご要望などあれば言ってください。

次は、内部処理の最適化です。
これは見た目は変わらないのですが、内部処理の無駄を省いて時間のかかる処理はマルチスレッド化しています。
操作したときになにか引っかかりがあった部分がなくなってると思います。

次は一時無効化機能について。
いまの気分でこの曲は聞きたくないなーと思う曲があれば再生をスキップすることが出来る機能です。ライブラリリストの左端の列をクリックすることで無効にできます。無効の設定は起動中のみだけなので次回起動時にはクリアされます。

次はNowPlayingについて。
いままで再生中のリストを確認するには再生中でフィルタリングする必要がありましたが、LinkLibraryの左側のリストで確認できるようになりました。また、再生リストをクリックするとその位置までスキップできます。

ほかにもドキュメントをHTML化して読みやすくしています。
上記に加えて以下のような変更点です。
Bug #736: アルバム説明更新後、変更していないのにフォーカスをアウトするだけで更新される。
Bug #741: 設定ファイル、SQLファイルなどをjsonにする。
Bug #742: 自動オーディオファイル登録で対象のデータベースが違うものが選択される。
Bug #743: 自動オーディオファイル登録でファイルパスに使用出ない文字や長すぎるとエラーになる。
Feature #705: 一時的にリストから削除することができるようにする。
Feature #722: 再生中のリスト管理をメモリ上に変更する。
Feature #723: アルバムアートをクリックするとアートワークが拡大されるようにする。
Feature #726: Last.fmのページに飛べるようにする。
Feature #734: 内部処理の最適化。
Feature #735: フォーカスを再生中に合わせるのをやめる。
Feature #737: WebUIを実装する。
Feature #738: 前曲再生の精度をあげる。
Feature #740: LinkLibraryにNowPlayingを追加。
Feature #744: データベースエンジンバージョンアップ System.Data.SQLite Update(v1.0.90.0)
Feature #745: いますぐ再生機能を追加。
Feature #746: オーディオファイル自動登録にアクセスしやすように右クリックメニューにショートカットを追加する。

このようにたくさん変更して便利になっていますのでご使用中の方はアップデートしてみてください。

次はMovselecでもしよーかなと思ってたり。

スタイル機能を強化したLinear Audio Player ver.0.8.8をリリース。

今年最後のリリースです。

今回はスタイル機能を強化しました。
スタイルエディタを大幅に強化しました。
いままでのスタイルエディタで使いにくいと思った部分を徹底的に改良しました。
これでさらに手軽にオリジナルスタイルを作成していただくことができると思っています。ぜひ挑戦してみてください。

ほかにもグリッドのヘッダのスタイルを指定できるようにしました。KURO2はさらにフラットな感じになったと思います。
スタイルの表示部分もバランスよく表示されるように微調整しています。
今回の変更は以下のとおりです。
Bug #729: スタイルエディタ起動中に終了するとエラーになる
Bug #732: スタイルの表示位置を調整。
Feature #727: migemoは英数小文字が入力されている場合のみ実行するようにした。
Feature #728: スタイルとカラープロファイルを編集、複製のどちらか選択できるようにした。
Feature #730: スタイルエディタ、カラープロファイルエディタの強化。
Feature #731: グリッドのヘッダのスタイルを設定できるようにする。
Feature #733: スタイルをパッケージングできる機能を追加する

あと前からお知らせしていた。
Winamp風のスタイルを作成したので同時にリリースします。
よかったらダウンロードしてみてください。
http://www.finalstream.net/linearsg/picture.php?/27/category/13

次のバージョンはすでに開発中で、内部で実行しているSQLの回数を減らしたパフォーマンス向上を狙ったものになると思います。
では、来年もよろしくお願いします。

Merry Xmas 2013

Merry Xmasってことで、今年はXmas限定スタイルを用意しました。

昨年のXmasにも配布したKURO3のXmas 2013 Editionです。
KURO3は簡単に言うとKURO2の赤(ピンク?)バージョンです。

昨年はver.0.7.2のみに同梱という形をとりましたが、今年は26日ぐらいまでの期間限定での公開とします。
スタイルのインストールは設定画面のStyleタブにあるInstall Styleボタンを押してダウンロードしたzipファイルを選択するとできます。

ダウンロードはこちら(終了しました)

あと、twitterでもちょっとお知らせしましたが、近々Winamp(Bento)風のスタイルをリリースする予定です。
こちらは期間限定ではないのでいつでもダウンロードできます。

Linearのver.0.8.8は今年中にリリースする予定です。

お気に入りアイコンを一新したLinear Audio Player ver.0.8.7をリリース。

約3ヶ月ぶりのリリースです。
いろいろと今後の方向性について模索していたりして遅くなってしまいました。
まだまだ模索していたのですが、そうしているといつまでたってもリリースできないので
現状たまっているぶんだけリリースしました。

今回の目玉はお気に入りアイコンを一新したことです。
同梱のスタイル3種に使用しているお気に入りアイコンは
今までフリーのを使わせてもらっていましたが、
どうも自分のイメージに一致するものが見つからなかったので
自分で作ってみました。
いままでのアイコンは自己主張が強かったので中抜きっぽくしてみました。
結構いい感じにできたと思います。

ほかにもジャンルでのグループ化時に大文字、小文字の区別をなくしました。
あとはFMODの再生エンジンをアップデートしています。
細かいのもあわせると以下のような変更をしています。
Bug #708: グループフィルタリングの<Empty>の件数に()がついていない。
Bug #715: アルバム説明の文字がエスケープされたまま表示されている
Bug #716: 設定画面からリスタートをかけるとソフトが、二重起動することある。
Bug #720: すでにアートワークが設定されているものに対してアートワークのみ変更できない。
Feature #702: ソフトウェアアップデートですぐにアップデートすると失敗する場合があるのでラグをいれる。
Feature #704: アルバム説明の右クリックメニューからamazonのページに飛べるようにする。
Feature #721: ジャンルでフィルタリングしたとき、近いもの同士でグループ化する。
Feature #724: お気に入りアイコンをリニューアル。
Feature #725: 再生エンジンバージョンアップ FMOD Sound System Update(v4.44.27)
Request #719: 表示リストの上限が少ない。

最近のバージョンをご使用ですと起動時にアップデート確認するようになっているので
アップデートしてください。

次のver.0.8.8ではパフォーマンスUPになるような変更をする予定です。
できれば今年中にリリースしたいです。
Xmas限定スタイルもできれば作りたいと思っています。
あと前回ちらっと言ったandroid版についてはwindows版がもう少し落ち着いてから取り掛かる予定です。

LinkLibrary機能を強化したLinear Audio Player ver.0.8.6をリリース。

今回はLinkLibraryに関する変更がメインです。
以下のような変更をしています。
LinkLibraryでLast.fmを使用しない場合、空スペースとなっていたのがもったいなかったので
再生回数などの情報を表示するようにしました。
アルバム説明を2行から3行表示されるようにしました。
アルバム説明を自由に変更できるようになりました。

また、アルバム説明で取得に使用していたGoogleさまのWEBサービス終了に伴い、
YahooさまのWEBサービスに変更しました。

ほかにもtwitterでもお知らせしましたが、migemoが効かないバグがありましたので修正しています。

上記の内容も含めた変更内容は以下のとおりです。
Bug #680: タグでフィルタリングするとタグの一部分が一致すると表示され、件数と表示が異なる。
Bug #683: ライブラリの右クリックメニューの「追加」は不要であれば削除する。
Bug #686: m3uからのインポート時にファイル選択画面でキャンセルを押すとエラーになる。
★ Bug #697: migemoが効いていない。
Feature #684: ライブラリの右クリックメニューの表示を見直す。
★ Feature #685: アルバム説明の取得をSearch API for ShoppingからYahoo Shopping APIに変更。
Feature #690: お気に入り候補のフィルタリングの条件を変更する。
★ Feature #700: Last.fmを使用しない場合、LinkLibraryに再生情報を表示するようにした。
★ Feature #701: アルバム説明を手動で更新できるようにする。
Request #682: プレイリストをm3u形式でエクスポートする機能がほしい。
Request #696: アルバム判定件数を外部定義にする。

というように細かい部分で使い勝手を向上しています。

次は久々にAndroid版でもリリースしたいと思っています。

フォルダ登録でエラーになる場合があるバグを修正したLinear Audio Player ver.0.8.5をリリース。

ver.0.8.4から3日ですが、緊急度の高いバグが見つかったのでver.0.8.5をリリースします。

バグの内容
オーディオファイル自動登録の設定がされていない状態でフォルダをD&Dで登録すると必ずエラーになって失敗する。
ただし、オーディオファイル自動登録が有効になっている場合は正常に登録できます。

原因はオーディオファイル自動登録の実装時のミスです。
私自身、オーディオファイル自動登録を実装後はオーディオファイル自動登録ばかり使用していたので気づくのが遅くなりました。
リリース前に最低限の動作チェックとしてファイルを登録して再生できるか確認しているのですが、そのチェックで登録しているのがアーカイブのみだったので問題に気づかなかったというのもあります。なので今後はフォルダとアーカイブの両方で確認するようにしたいと思います。

bbsでameさまのご指摘で気づきました。ameさま、ありがとうございます。

ver.0.8.4をご使用中の方はで起動時アップデートチェックを実装していますので、起動時にアップデート確認されると思いますのでそのままアップデートしていただければと思います。

フォルダ登録でエラーになって、?と思われていた方がおられましたらアップデート後、再度登録してみてください。
ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

今回は上記バグのみの修正になりますが、ver.0.8.6の開発もスタートしています。詳しくはロードマップをご確認ください。
http://redmine-finalstream.rhcloud.com/projects/linear-audio-player/roadmap

起動時アップデートチェックを搭載などなどのLinear Audio Player ver.0.8.4をリリース。

ロードマップ通りにリリースできました。
今回は前回のリリースから短い間隔でのリリースになりますが、
前回のリリース以上にいろいろと変更しています。

大きな変更は起動時アップデートチェックを実装したことです。
いままでソフトウェアアップデートはバージョン情報の画面を開く必要がありましたが、
起動時に自動でチェックすることで常に最新バージョンを使いつづけていただくことができます。

ほかにもスタイルGredのカラーを明るめにして魅力的にしました。
タグ更新時のリアルタイムグリッド更新、自動オーディオファイル登録の手動実行、
FMOD再生エンジンのバージョンアップなど細かい変更をたくさん行っています。

Bug #663: linklibraryのアートワークの背景が前のと重なる。
Bug #675: タグの設定で既存のタグを選択しても設定されない。
Bug #677: 同じフォルダに複数のアルバムがある状態で登録するとソートがアルバムを考慮せずトラックNoでソートされる。
Feature #65: ボリュームを動かしたときパーセントを表示する。
Feature #665: オーディオタグ更新後、グリッドに存在する場合はリアルタイムに反映する。
Feature #666: 手動でオーディオファイル自動登録を実行できるようにする。
Feature #667: Gredのカラープロファイルを調整。
Feature #668: タグ編集時にAmazonから取得したデータを編集できるようにする。
Feature #669: 起動時にアップデートチェックするようにする。
Feature #670: トースト通知のカラーリングを調整。
Feature #673: 再生エンジンバージョンアップ FMOD Sound System Update(v4.44.19)
Feature #674: スタイルエディタの名称をデフォルトで設定するようにする。
Feature #678: ファイルに埋め込まれているアルバムアートワークを削除できるようにする。

起動時のアップデートチェックは今回の更新後から有効になりますので、
今回のアップデートはバージョン情報からの更新でお願いします。
でわ。