MovselexをMPC-BEに対応しました。

最近、メインの動画プレイヤーをMPC-HC(HomeCinema)からMPC-BE(BlackEdition)に変更しました。

Movselexはそのまま動くと思っていたのですが、微妙に仕様が違っていて動かなかったので修正しました。
https://github.com/finalstream/Movselex/releases/tag/0.7.12

MPC-BEはMPC-HCに比べてざっくり以下の点が良いです。

* シークバーにプレビューが表示できる。
* 黒っぽくてカッコいい。

MPC-BEが気になった方はこちら
https://osdn.jp/projects/sfnet_mpcbe/

Movselexをオープンソースにしました。

Movselexの開発をはじめた1年位前から準備をいろいろと進めてきましたが、ようやく公開できるレベルになったのでオープンソースにしました。
ライセンスはMIT Licenseです。
また、実装に使用したフレームワークやライブラリは昨年からオープンソースで公開しています。

https://github.com/finalstream/Movselex

また、ビルドもAppVeyorとGitHubを連動させていますのでコミットと同時に自動でリリースされます。
今後はすべてオープンソースにし、自動でリリースできる形にシフトしていきたいと思っています。

今後、リリースのたびにブログでお知らせはしないようになりますが、変更内容等はTwitterでツイートします。
メジャーバージョンアップの際はブログでお知らせしたいと思います。

ご要望、バグ報告もGitHubのIssueで受け付けます。TwitterのDMでもいいです。

そのうち自動アップデート機能も実装して、すべてが自動という感じにしたいとは思いますが、しばらくアップデートは手動でお願います。

これでMovselexは一段落したのでいよいよ新Linearの開発に着手したいと思いますが、その前にGoogleのAPIが閉じられたやつをなんとかしたいと思っています。

2015年にやったこと2016年にやること。

あけましておめでとうございます。
新年もあけたということで昨年の振り返りと今年の抱負を書きたいと思います。

2015年は新しいことに挑戦の年でした。
3つはじめたことがあります。
GitHubをはじめました。
Finalstreamとしてはじめてオープンソースでソースを公開しました。
オープンソースにすることでAppVeyorとか便利なサービスが使えてリリースがラクにできるのと少しでもオープンソースの発展に貢献できればと思いはじめてみました。
オープンソースで作った「Explorer Window Cleaner」が窓の杜で紹介されたりもしました。
今後も書いたものはすべてオープンソースで続けていきたいと思います。

次にはてなブログをはじめました。
仕事とかプライベートであたった壁の壊し方を備忘録的に残そうと思ったのと、ブログで助けられることが多いので還元しようかなと思って夏頃からはじめてみました。
コードを書くつもりで「Code for final」って名付けたんですけど、コード以外のことも結構書いてたりします。
それなりにPVもあるので還元できているのかなーと。
書きたいことはいっぱいあるのでこれも続けていきます。

そしてWPFの開発をはじめました。
基礎を固めるために昨年の正月からMovselecの後継であるMovselexではじめてみました。
はじめてのWPFに苦戦してようやく10月ごろ完成が見えてきて年内にオープンソースで出せるかと思っていたのですが、仕事が忙しすぎてできませんでした。

といったように新しいことに挑戦できて充実してました。
ただ、仕事が忙しすぎてプライベートで開発する時間が取れなくて新Linearの開発までできなかったのが心残りですかね。

ということで2016年は、まずMovselexをオープンソースにしてから新Linearの開発をぼちぼちはじめていきたい思います。
できれば夏頃には使えるレベルのものがリリースできればと思います。
あとExplorer Window Cleanerも実装したいことがそれなりにあるので更新していきたいと思います。
あ、あとGoogleのAPIが閉じられてLinearのWEB UIのアートワークが全滅したのもなんとかしたいと思っています。
それでは今年もよろしくお願いいたします。

監視ディレクトリを登録できるようにしたMovselex v0.7.0をリリース。

Movselexの2ヶ月ぶりくらいのリリースですが、監視ディレクトリを登録できるようにしました。
いままでは登録ファイル中で一番多いフォルダのみを監視する仕様でした。
Movselecにあったライブラリ編集機能も実装しました。(Noの変更が可能になりました)
ほかにも大きくは以下のような変更をしました。

  • 監視ディレクトリ登録機能実装
  • ライブラリ編集機能を実装
  • ALL MOVIEの場合のシャッフル範囲変更(表示中以外のものも対象となるようにした)
  • グループ登録時、登録対象をリスト表示するようにした
  • ほかにも細かい修正をいろいろと

これでおおかたMovselecの搭載機能は実装できたので、ソースの整理が終わったらオープンソースとして公開したいと思います。
次は、いよいよ次期Linearの開発に着手をしたいと思っています。

エクスプローラで開いたウインドウが重複した場合に自動でクローズする「ExplorerWindowCleaner」をリリース。

僕はエクスプローラを開きすぎる癖があります。
というのもウインドウリストを表示して探すというのが嫌いで1回使ったウインドウは2度と使わないことが多いです。
そのため、エクスプローラのウインドウリストがスクロールするくらい開くことになります。
メモリ不足でエクスプローラが開けなくなったときに古いの消していくのですが、
前々からこれを自動化したいと思っていました。

そしてようやく重い腰を上げて実装したのでリリースしたいと思います。
エクスプローラで開いたパスが重複した場合、古いウインドウを自動でクローズします。
ウインドウリスト(フルパス表示可能)、使用頻度が低いウインドウの自動クローズする機能もあります。

今回はGitHubでオープンソースとして公開します。GITHUBメニューから飛べます。
ダウンロードもGitHubのReleaseページからダウンロードください。
https://github.com/finalstream/ExplorerWindowCleaner/releases

同じような悩みをお持ちの方は試してみてください。

使ってくうちに気づいたところをブラッシュアップしたMovselex v0.6.0をリリース。

Movselexを使っていくなかで気づいたところをブラッシュアップしました。
メインはUIの改善とソート処理の修正です。
タイトルからお気に入りも変更できるようにしました。
Movselecにあったグループ中でNoの前後の動画を再生できる機能を追加しました。
先日リリースされたWindows10でも動作確認できています。
大きくは以下のような変更をしました。

  • UI改善
  • ソート修正(ソート後に再生すると違うものが再生されるのを修正)
  • タイトルにお気に入りアイコン追加
  • グループ前後再生
  • MPC-HCパスリアルタイム同期(再起動不要)
  • 再生中の太字に。(ModelにIsPlayingを追加)
  • フィルタリングテキストボックスにクリアボタン追加

次のバージョンでは、監視フォルダの設定、ミュート機能とかを考えています。
それらができたらMovselexをオープンソースとして公開したいと思います。

はてブロはじめました。

技術的なメモを記録しておいて、解決法の共有ができるようにいまさらながらはてブロはじめました。
最初の記録としてWPFでPathを範囲クリック対応するやり方を書きました。
↓↓↓

Code for final

いやぁ、はてブロはMarkdownで書けたり、Gist連携できたり開発者向けでいいですね~。
技術系のブログが、はてブロ多い理由がわかった気がしました。

Movselecの次世代版であるMovselex v0.5.0をリリース。

前回のプレビュー版から1ヶ月ようやくMovselecとほぼ同等の機能を実装できたのでMovselecのバージョンに近いv0.5.0としてリリースします。
同等と言ってもUI、性能、操作性、便利さなどすべてMovselecを上回っています。

細かい部分はいろいろと変更していますが、なんといってもタイムライン機能の実装は大きいです。TV番組表のような間隔で動画の視聴予定を確認できます。
シーズンで絞り込んだりする機能も実装しています。
Finalstreamとしては初の多言語に対応しました。
性能改善も行っており、プレビュー版と見た目はそれほど変わらないですが、内部はそれなりに変わっています。

また、フレームワーク&ライブラリとして使用している機能は今回からオープンソース化しました。まだまだ精錬する必要がありますが、GitHubで公開中です。

ダウンロードは新しく作成したMovselexのページからどうぞ。
http://www.finalstream.net/movselex

次のリリースはライブラリ情報編集機能やグループ周りに機能を追加したいと思っています。

7年ぶりくらいにサイトをリニューアルしました。

7年ぶりくらいにサイトをリニューアルしました。
文字も大きく見やすいようにシンプルな感じで仕上げました。

HTML5+CSS3を使っていますので、ブラウザも最新のものをご使用ください。わりとどのブラウザを使っても綺麗に表示されますが、表示はChromeで確認しています。

とりあえずトップページだけですが、じょじょに他のコンテンツも差し替えていきたいと思います。

あとPRODUCTSにあるMovselexのページは、近日公開のバージョンにあわせて作成しました。よかったら見てみてください。(現在、DLできるv0.1.0に含まれない機能の紹介も含まれています)

すべてを刷新したMovselexのプレビュー版(v0.1.0)をリリース。

冬休みに開発を始めてからほぼ4ヶ月、ようやく公開できるレベルに達したのでプレビュー版としてリリースします。
ほんとは2月くらいに公開する予定だったんですけど、仕事がデスマ状態になってまして。。

Movselexは、UI、操作性などを刷新するためにWPFアプリとしてMovselecを作りなおしました。
WPFだけでなく、昨年習得したスキルを存分につぎ込みました。
UIの刷新だけでなく、後のLinearのリリースにつながるフレームワークを作成する目的もあったりします。
WPFというわりと新しい技術でシームレスに動作するようになっていると思います。

そして今回はそれなりにまともなコードになっていると思うので、オープンソースを狙っています。まずは共通ライブラリからオープンソース化していこうと思います。
また、Movselecとデータベースは同じなので、dbファイルを配置していただければ移行は完了です。

まだ完全にはMovselecと同等の機能は実装できていないのでこれからですが、僕が使ってて思った不満点は解消しています。
Movselcのユーザはどのくらいいるのかわかりませんが、エンコードした動画とかを整理するのに僕自身が日々使っているので開発はまだまだ継続していきます。

ただ、ひと通りできたらLinearも同じフレームワークを使用して作り直す予定です。あくまでLinearが本命なのでMovselexは技術検証とWPFの練習が目的でもあったりもします。

前置きが長くなりましたが、Movselexのプレビュー版は以下からダウンロードください。(ページがないので)
Download!

進化は実際に使ってみて実感していただければと思います。
ご要望などありましたらtwitter等でメッセージください。